読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TASCAM TM-80と、audio te

TASCAM TM-80と、audio technica AT2020なら、 どちらの方がコスパが良いのでしょうか? ①、音質 ②、耐久性(湿気に弱いとか、温度変化に弱いとか・・・) ③、①,②から見た総合評価 など・・・ audio technica AT2020の方が、値段も高く、人気があると聞きました。 TASCAM TM-80の方は、AT2020よりも安く、 それに劣らない音質とも聞きました。 実際、どちらの方がコスパが良いのか知りたいです。 https://www.amazon.co.jp/dp/B01ADM96GS/ref=wl_it_dp_o_pC_S_ttl?_encoding=UTF8&colid=35I9499K3N9YE&coliid=I3KYWKCAXWGBRDTASCAM TM-80(セット価格)↑ https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB-audio-technica-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3-AT2020/dp/B000Y0FBY6/ref=pd_sim_267_5?_encoding=

UTF8&psc=1&refRID=V6AZVWYFBPH9J6P79FDJ ↑audio technica AT2020(単品価格)↑

②については、どちらも所詮は実売一万円切っている超低価格帯コンデンサマイクであり、中身はDCバイアス型では無くバックエレクトレット型ですから、大した違いはありません。 ①については、マイクの絶対的性能としてみた場合は、AT2020の方がフラットで正確性の高い特性・・・とは言えるのですが、TM-80は、他社のこの価格帯モデルと同様に、プレゼンスブースト・・・高域の特定帯域の感度を上げ気味にして、聞いた感じのクリア感を上げコモリ感を減らす方向の癖付け・・・が顕著なので・・・ まぁ、コンデンサマイク完全初心者が、見よう見まねで録音した時には、TM-80の方が音が明るく「自分が上手くなった感(幻想ですが)」は感じられるでしょう。 「劣らない音質」の評価は、そういう内部的な仕掛けの勝利です。 ��

�個人的には、こういう仕掛けを施して、ようやくAT2020と劣らないと言われるという事は・・・という観点で、元々はそんなに大したことは無いなと感じますけどね) まぁあとはお好みで。 AT2020自体が、安いところなら楽々1万円切って買えますから、コスパ面でも別にTM-80が特に優位とも言えませんし。

PC3-8500 DDR3 1066 MHzのメモリの購入を考えていて以下候補メーカーでどれが一番おすすめかアドバイス下さい。 MacBook Pro (13-inch, Mid 2009)現状2GB✕2枚から4GB✕2枚へ増設を考えています。 秋葉館ではトランセンドのみが売っていたので1000ほど高いですが候補に入れました。 あとの2つはアマゾンでレビューが多く購入者が多いので候補を挙げました。 どれでもまったく問題ないなら一番安いのを買おうと思っています。 私ならこれを選ぶでも構いません。品質や相性が一番いいものがベストですがそういったものはあるのでしょうか? 当方あまり知識がないので選択に困っています。 ☆Transcend ¥6360 ☆Team ¥5280 ☆Komputerbay ¥5150

この3つの中から選べと言われたら、Transcendを選ぶ。 理由は、他の2つに比べたらTranscendの方が多少マシだから。 自由に選べと言われたらコレ↓にする。 https://www.ark-pc.co.jp/i/11702331/